2019年06月06日

西日本豪雨、止まった時計

昨年7月の西日本豪雨から6日で11カ月。あの日から止まったままの時計が残されている。
災害の記憶を伝える資料にしようと、市教委は保存に向けた検討を始めた。

箭田小学校の校舎の外壁に掛かった時計の針は、1時20分ごろを指して止まっている。

復旧完了を目指し、工事や準備が進む中、時計は廃棄される可能性もあったが、「豪雨の貴重な資料になり得る」として、 防災教育に役立てる構想もある。

止まった時計 あの日の真備の証人。

↓↓↓さんデジ↓↓↓
https://www.sanyonews.jp/article/905841
スポンサーリンク
日々のボランティア活動に参加を検討している皆さま、

ボランティア情報をご確認下さい。


↓↓↓まび復興支援ボランティアセンター↓↓↓


塗装専門店.jpg

玉島塗装では共に汗を流し頑張っていただける、

営業さん現場管理さん塗装職人さん(見習い可)

募集しております♪

お気軽にご連絡くださいねm(__)m

詳細はコチラ↓↓↓
webサイト

玉塗.jpg----------------玉塗.jpg----------------玉塗.jpg----------------玉塗.jpg

玉島塗装Blog♪

玉島塗装facebook♪

玉島塗装twitter♪
スポンサードリンク


posted by 玉塗 at 08:00| 岡山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。